新宿/店舗案内/CD・レコードの販売・買取/ディスクユニオン新宿クラシック館

カテゴリー「猫丸しりいず」の記事一覧

★猫丸しりいず第125回

●猫丸しりいず第125回
 
◎渡辺浦人:交響組曲「野人」
 
 芥川也寸志指揮 新交響楽団
(国内FONTEC FOCD3265)
 
 以前(結構昔の事)、今やクラシック評論の第一人者となった片山杜秀さんの文章を読んでいたら、片山さんが小学校高学年~中学校の頃の「一番の道楽」として、「テレビで放映される日本映画のテーマ音楽、主題歌、挿入歌の類を片っ端から録音していく事」を挙げておられた。私はこれを読んだ時に、思わず腹を抱えて大笑いしてしまい、「私以外にもこういう事をしていた人がいたとはねえ・・・」と驚いた。そして(片山さんには失礼な話だろうが)、何だか「かけがえのない同志」を得たような気分になり、嬉しくなってしまった。
 
実は私も小学校4~5年位の時に、当時自宅にあったSONYのオープンリール式のテープレコーダー(若い方にはこれがどういう代物かピンと来ないとは思うが)を使って、テレビの音楽を録音する事に熱中した事があったのだ。ただ、私は片山さんとは「対象」が異なっていて、ターゲットは専らアニメや「変身モノ(仮面ライダーとか)」の音楽であったのだが。
 
しかも当時、私はそれらの曲を「誰が作ったのか」という事柄に妙に関心があって、テレビを見ている時に「作曲者名を見逃すまい」と目を凝らしていた。「普通」の子供にはそんなのどうでもよい事であった筈なので、今思えば相当不気味な小学生であったと思う(オタクの萌芽がその頃既にあった訳だ)。
 
中で特に良く見かけたのが「菊池俊輔」「渡辺岳夫」という名前。事実、この2人プラス小林亜星の3名は当時のこのジャンルの「3大巨匠」と言える大家である。「仮面ライダーシリーズ」や「タイガーマスク」等々の名作に代表される菊池俊輔の曲にも相当お世話になったけど、何と言ってもこの世界で偉大過ぎる業績を遺した人は渡辺岳夫。
 
「巨人の星」「アタックNo1」「天才バカボン」「キューティハニー」「ガンダム」そして感涙の名曲「アルプスの少女ハイジ」・・・。あまりに数が多すぎて全てをご紹介しきれないが、放映から40年近く経った今でも親しまれている超名曲ばかり。私は子供心にこの渡辺岳夫という作曲家を大いに尊敬していた。
 
そしてオトナになってからこの作曲家についていろいろ調べてみたところ、なんと彼は大学卒業後パリに留学して、スコラ・カントルム音楽院を卒業・・という意外な経歴の持ち主なのに驚かされた。もう一つ驚いたのが、彼が実は自分のよく知っている作曲家の息子であった事。外山雄三や芥川也寸志の作品と共に、私が初めて聴いた日本のオーケストラ作品が「交響組曲 野人」。渡辺岳夫の父は、この「野人」の作曲者、渡辺浦人(1909~1994)。
 
「野人」は1941年に発表された作品。まさに「日本の土の匂い」に溢れた佳品である(その「土の匂い」は日米開戦直前というキナ臭い時局から「要求」されたものでもあったのだが)。特にホノボノとのどかな第1楽章はいつ聴いても何だかホッとした気分にさせられる。1960年代までは確かに存在した「かつての日本の風景」が思わず脳裏に浮かぶのだ。私が小学生になった1970年あたりを境に、白熱電球→蛍光灯、木製の窓枠→アルミサッシ、汲み取り→水洗便所・・といった具合に現在の「先進国ニッポン」に通じる日常生活での「進化」が顕著になっていくのだが、その陰で失われていった感のある「決して豊かでは無いけど、人情味に溢れたニッポン」を彷彿とさせるのだ。この「野人」は戦中繰り返し演奏さ
れる当時の大ヒット作になったのだが、その事がかえって「仇となった」のか、日本の敗戦後は渡辺浦人は「作曲界の最前線」に立つ事も少なく、教育者として地味な活動をする事となった。平成の世まで長生きをした彼だが、息子の渡辺岳夫が1989年に56歳の若さで父より先に逝ってしまったのは何とも痛ましい。
 
この曲は吹奏楽用に編曲されたりして、以前はもっと親しまれていたように思えるのだが、最近は全く影が薄くなってしまった。「かつての日本の風景」が遠い過去のものになってしまった感のある今、もうこの名作がかつてのようにとり上げられる事は無くなってしまうのだろうか。ちょっと寂しい気もする。今回ご紹介の芥川&新響の盤も現在は入手困難になってしまっている模様。私をクラシック音楽の世界にいざなってくれた「大恩人」とも言える芥川さんは、また改めてこの「猫丸」でネタにする機会を持ちたい。
 
それにしても「平成」になってから早四半世紀とは・・。ああ、「昭和」は遠くなりにけり。

diskunion新宿クラシック 夜霧の猫丸

 

★猫丸しりいず第124回

   
   
   
●猫丸しりいず第124回
 
◎グリンカ:幻想的ワルツ、ホタ・アラゴネーザ、「ルスランとリュドミラ」組曲 他
 
ヴァシリー・シナイスキー指揮 BBCフィルハーモニック
(英CHANDOS CHAN9861)
私もそうだけど、「ロシア音楽の無いクラシック音楽なんて・・」とお思いのロシア楽曲好きのリスナーの方は結構多いのでは無いだろうか。
 
考えてみると、西洋クラシック音楽における「ロシア音楽」の位置は結構特殊だ。他のヨーロッパの地域ではそれぞれ16世紀位からの「音楽史の流れ」があるのに対し、ロシアのそれは音楽史の中に「いきなり登場」という感じなのだ。それはロシアにとって「西洋クラシック音楽」が「輸入品」だった事と関連しているのだろうが、「バロック」も「古典派」もなく、ある作曲家の登場で突然スタートというのはなかなか凄い話だ。その作曲家、ミハイル・グリンカ(1804~1857)が今回のテーマ。
 
彼は、ベルリオーズ、メンデルスゾーン、ショパン等とほぼ同世代。輸入されたヨーロッパの音楽に、うまくロシアの味をまぶした優れた作品を遺し、後輩たちに道を切り開いた超大物にもかかわらず、「ルスランとリュドミラ序曲」以外の作品がほとんど知られていないのが実態である。しかし、前々回にとりあげたヴォルフ=フェラーリに比べれば、グリンカはまだ幸運だろう。なぜなら、この名序曲はグリンカの音楽の魅力のエッセンスを凝縮したと言える大傑作だからだ。
 
凛々しささえ感ずるその造形美、無駄の無い構成、キッチリ片付けられた部屋を見るような見通しの良い響き。しかも聴いて楽しく、ロシアの香りもキチンと感じられる。とにかく完成度が高い。この序曲には確かにドイツをはじめとするヨーロッパの影響が強く感じられ(何となく「魔弾の射手」序曲に通じるノリがある)るし、それに飽き足らない後輩の作曲家たちが、「よりロシア的なモノ」を目指した事は理解は出来る。しかし、グリンカの作品をまとめて聴いてみると、彼の作品にはパイオニアにありがちな「暗中模索」「荒削り」的な要素がほとんど感じられず、既に相当な高レベルに到達していると思えるのだ。「先駆者」でありながら、グラズノフやチャイコフスキー等々の後輩たちに全く引けを取
らない高レベルの仕事を既に成し遂げているのは大変な事なのに、あまりにグリンカは過小評価されているように感じられるのは残念だ。
 
彼の作品集には当然ロシアの演奏家による優れた音源もあるのだが、演奏、録音等全てのレベルでピカイチのおススメ盤がシャンドスのシナイスキー盤。このレーベルから他にも優れた録音を発表しているシナイスキー、ことさらロシア色を強調しないニュートラルなアプローチが、かえってグリンカの音楽の持ち味を上手く引き出している。2つの「スペイン風序曲」や「幻想的ワルツ」など、「ルスランとリュドミラ序曲」に比肩しうる名作と思うが・・・
 
グリンカ以前の年代でも、西洋クラシック音楽の系譜にのせてよい作曲家が全く存在しなかったという訳ではない(アリャビエフとか・・)。でももし、この時代にグリンカという作曲家が存在しなかったら、その後のロシア音楽の歴史は少なからず変わっていたのではないだろうか。もっと評価されて良い彼の作品と業績。ロシア音楽を愛する貴殿。一度じっくり聴いてみませんか? 彼の「隠れ名作群」を・・・

diskunion新宿クラシック 猫の丸

★猫丸しりいず第123回

★猫丸しりいず第123回

◎チャイコフスキー:大序曲「1812年」
 
アンタル・ドラティ指揮 ミネアポリス交響楽団 ミネソタ大学ブラスバンド
(国内DG UCCG3861~2)

 
ec4dcafd.jpeg

 
 

 恐らく皆が若い頃苦労したと思われる、学校の歴史の授業の「年代の暗記」。
 
「鳴くよ鶯、平安京」とか、今思えば涙ぐましいほどの語呂合わせで必死に覚えたものだけど、クラシック・ファンなら「1812年」「1905年」「1917年」に何が起こったかは即座に解る筈で、我々クラシック好きはチャイコフスキーやショスタコーヴィッチには大いに感謝しなければならないだろう。
 
中でも最も有名な「1812年」。今更とは思うが、ナポレオンのロシア侵攻と大敗北を描いた作品で、ベートーヴェン「英雄」、コダーイ「ハーリ・ヤーノシュ」と並ぶ「クラシック音楽界
三大ナポレオンモノ楽曲」の一つ。天気予報でお馴染みの「冬将軍」というコトバを生んだ事でも知られるこの事件から、今年2012年は200周年に当たる。
 
この曲は、その1812年の戦いの際に焼失したモスクワの大寺院が70年後の1882年に再建された時、その再建祝いとして作曲、演奏されたものとの事。つまりは「イベント用音楽」で、作曲者自身もこの曲に関してはあまり高い評価を下していない。まして、その後も自身の代表作の一つとして長く聴き続けられるとは思っていなかったのではないか。
 
「1812年」をここまでポピュラーにしたのは、その後の「録音」という技術の発明と、その進歩である事に疑う余地は無い。曲中のあの「大砲」と「鐘の音」をどう聴かせるか・・・という点は、優秀録音が売り物のレコード会社には格好のアピール材料となる事もあって、ステレオ録音の普及以降、この曲の録音は激増した。大砲の音の凄まじさで一世を風靡したエリック・カンゼル指揮の盤がテラークという新興レーベルの名を一躍轟かした事をご記憶の方も多いだろう。
 
もともとバカバカしい曲(笑)だけに、この曲の録音は中途半端ではダメである。「どうせやるなら徹底的に」という姿勢が無いと、聴いている方が白けてしまうからだ。その点でまさに「歴史的」名盤と思えるのがドラティ指揮のマーキュリー盤。1958年というステレオ最初期の録音であるにも関わらず、総合点でこの録音を上回るものは今後も現れないのでは無いか・・と思われる程の素晴らしさだ。この録音、演奏者、製作者たちの気迫がビンビンに伝わってくる。前々回にとり上げたハンソン指揮の「乳母車の冒険」他の盤でも触れたが、この時期のマーキュリーの録音には「手間とカネを惜しまず、良いものを作り上げる」という姿勢が感じられる。大砲や鐘の音のド迫力、ティンパニやシンバル等の打楽器
の音の立ち上がりの素晴らしさは、新しいデジタル時代の録音と比べても全く遜色が無い。
数が多い割に「帯に短しタスキに長し」的な録音が目立つこの曲において、ドラティ盤の優位が揺らぐ事は無いだろう。それにしても、現在は同じユニバーサル傘下にあるとは言え、この録音がDGレーベルで出ている事にはヘンテコ感が拭えないが・・
 
余談だが、この曲の「裏名盤」と言えるのがストコフスキーがロイヤル・フィルを振ったDECCA盤。とにかく最初から最後まで反則技の連発で、好き嫌いがハッキリわかれる演奏なのは間違い無いが、ドラティとは全く違う意味で「徹底」を極めたこの演奏、とても90歳近い爺さんのモノとは思えない。ストコ御大、偉大すぎます。怪人指揮者の「渾身の冗談」的なこの天下の迷演&名演。是非貴方も一聴&卒倒して下さいまし。
 
diskunion新宿クラシック館 祝・牛丸20歳

 

 

★猫丸しりいず第122回

●猫丸しりいず第122回
 
◎ヴォルフ=フェラーリ:歌劇「スザンナの秘密」序曲、組曲「聖母の宝石」他
 
 ネロ・サンティ指揮 パリ音楽院管弦楽団
(国内DECCA UCCD9071/廃盤)

 
9a8e12e5.jpeg
特定の1曲だけが突出して有名になってしまう事は、作曲家にとっては「災難」としか言いようが無い。
 
他に如何に優れた作品があっても顧み得られる事すらなく、「ああ、あの○○を書いた人ね」で片付けられてしまう。これは作曲家にとってはタマラナイであろう。「聖母の宝石」の第1幕間奏曲のみがやたら有名なエルマンノ・ヴォルフ=フェラーリ(1876~1948)はそういう意味では最も可哀そうな人の一人だ。
 
私がこの作曲家に関して認識を改めるキッカケとなったのは、ネーメ・ヤルヴィ指揮の「オペラ間奏曲集」(DG)に入っていた「聖母の宝石」の「第3幕への前奏曲」。「へえ、あの有名な間奏曲とは別の曲か」という興味本位で聴き始めたが、「すばしっこくて捕まえられないカワイイおてんば娘」のようなその間奏曲が一発で気に入ってしまい、俄然この人の他の作品にも関心が湧いてきた。
 
実際に聴いて感じたのは、彼の本領は有名な「聖母の宝石間奏曲」のような「連綿と美しい旋律が流れるユッタリした曲」よりもむしろ、「キビキビした快活な曲」にあったのではないか・・という事。今回ご紹介のサンティ盤の最初に収録されている「スザンナの秘密序曲」や「聖母の宝石組曲」の「民衆の祭り」はそのわかりやすいサンプルと思える。実は彼はコミック・オペラの領域に多くの作品を遺した人だそうで、軽快な曲に本領発揮というのは、むしろ当然の事なのかもしれない。ところが有名な「聖母の宝石」は、彼にはむしろ珍しいヴェリズモの影響を受けた悲劇、というのは何とも皮肉。
 
彼は、その名前からも察しがつくようにドイツ人の父と、イタリア人の母の間に生まれた(それゆえ、父母の国が敵味方に分かれて戦った第1次世界大戦には大変なショックを受け、しばらくは創作の筆が止まってしまう程であったと言う)。オペラのみならず、一部マニアには大きな支持を得ている「ヴァイオリン協奏曲」など、他のジャンルにも優れた作品を遺しているにも関わらず「聖母の宝石間奏曲の人」で処理されてしまっているのは残念でならない。
 
今回ご紹介のサンティ盤は1959年の録音。私もNHK響への客演で何度かステージに接し、大きな感銘を受けたこの名指揮者。商業録音には全く関心が無いようで、これ程の名匠なのに入手可能な音盤が非常に限られているのは残念。この盤は彼のキャリア最初期の録音で、さすがに現在のような充実感には欠けるが、キビキビした指揮とオケの明るい音色が作品の魅力を過不足無く引き出している。ヴォルフ=フェラーリの管弦楽曲集は他にもレーグナーやマリナーの盤があるが、いずれも優れた内容なのは嬉しい。
 
 特定の1曲だけが有名になってしまったばかりに・・・という作曲家は他にも少なくない。今後も折あればこの「猫丸」でネタにしていきたいと思う。最後にヴォルフ=フェラーリになり代わって一言。『オラは「マドンナ」の一発屋じゃねえだよ!!』

discunion新宿classic 猫丸ひろし

●猫丸しりいず第121回

●猫丸しりいず第121回
 
◎ピストン:不思議な笛吹き
◎カーペンター:乳母車の冒険
 
ハワード・ハンソン指揮 イーストマン・ロチェスター管弦楽団
(米MERCURY 4756274/5枚組)
f4b6729d.jpeg
中高生の頃、貪るように読んだのが音楽之友社の「名曲解説全集」。インターネットなる文明の利器が無かった当時、クラシック音楽に関する情報源はレコード屋か書籍しか無かったので、図書室にあったこの「全集」にどれだけお世話になったかわからない。
 
ただ、この「全集」に掲載されている楽曲の選定に関しては、当時から自分には大きな「謎」があった。確かに全体の8割以上はまさに納得できる「名曲」が載っているのだが、
「なぜこんな曲が出ているのか」と不思議に思うような曲目が少なからず採り上げられているのである。当時から珍品好きだった私は、それらの「謎の曲たち」に大きな関心があったのだが、探してもレコードも無いような曲ばかりで、ただ「聴いてみたい・・」というフラストレーションばかりが溜まっていったものであった。
 
そんな「聴きたかった名曲」の筆頭だったのが、今回ご紹介のアメリカ産ほのぼの系名作の2曲。両曲とも、その「素朴」なタイトルに心惹かれたのである。
「不思議な笛吹き」の原題は「The Incredible Flutist 」。incredibleという単語は中々「これだ!」と言える日本語訳が難しいので「不思議な」というのは無難な線か。教育者としても著名なピストン(1894-1976)が、アーサー・フィードラーとボストン・ポップスのために書いたのが、サーカスの一座が主役の描写的で楽しいこの作品。カラッと乾いた明快な響きがいかにもこの作曲家らしい。
 
そして、一聴たちまち「これは傑作!」と驚嘆させられたのが「乳母車の冒険」。別に擬人化された乳母車が冒険するわけではなく、乳母車に乗った赤ん坊の視点から見た外界の風景の描写、という実にユニークなスタイルの作品である(ちなみに原題はAdventures in a Perambulator)。カーペンター(1876~1951)はアイヴズと同世代の人だが、保険会社を興したアイヴズと同様、父親の創立した会社(製粉、機械等の商社だったらしい)の副社長が「本業」というこれまたユニークな人。
 
この曲は、乳母車に乗った「僕」が、警官に会い、手回しオルガンから流れる音楽を耳にし、湖を眺め、はたまた犬の群れに吠えられ・・と様々な「冒険」をして家に帰り、疲れて眠りに落ちていくというストーリー。パリッとしたストレートな響きと描写が楽しい「不思議な笛吹き」と対照的に、この曲は実にしっとりとした美しく落ち着いた響きで、描写も「直球」では無く、いかにも赤ん坊の視点という「フィルター」がかかったように書かれており、思わず「上手いなあ」と唸らされる。その柔和な温かさは、今日のアメリカからは失われてしまったように思える「古き良き豊かなアメリカ」を想像させる。
 
それにしても、今日でも決して「メジャー」とは言えないこれら「隠れ名作」が何故「名曲解説全集」に採り上げられたのだろう。この「全集」が初めて世に出たのは1959年。あくまでも私の想像にすぎないが、戦後の日本に進駐してきた米軍向けの放送(FEN/現AFN)から怒涛の如くジャズやカントリー・ミュージックが日本になだれ込んで来たように、アメリカ産クラシック音楽も、かつては今よりもポピュラーな存在だったのだろうか?さて、今でも録音の数に恵まれているとは言い難いこの2曲。ステレオ初期の名盤、ハンソン指揮のマーキュリー盤が今でもナンバー1だろう。作曲家としても著名なハンソンとイーストマン・ロチェスター管の名コンビは、この2曲の他アメリカの作曲家達の名曲、珍曲を多数録音
している。ステレオ最初期とは思えない鮮烈な録音で根強い人気のマーキュリーの音源は、どれも「おカネと手間を惜しまず作った」という感じに溢れていて、「ガソリンがぶ飲み」の大型車に象徴される余裕と自信に満ち溢れた当時のアメリカの様子が伝わってくるようだ。「春の陽だまり」の中でボーッと楽しむにふさわしいこの2曲、是非ご賞味の程を・・・
 

Check !!

Entrance




Topics




About


diskunion Link








 



















Calendar

01 2019/02 03
S M T W T F S
2
3 4 5 6
13 14
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

Search

カウンター

Copyright © diskunion Shinjuku Classic-Kan All Rights Reserved