新宿/店舗案内/CD・レコードの販売・買取/ディスクユニオン新宿クラシック館

カテゴリー「猫丸しりいず」の記事一覧

猫丸しりいず第120回

●猫丸しりいず第120回
 
◎ヘンデル:オラトリオ「メサイア」(抜粋)
 
アンドリュー・デイヴィス指揮 トロント交響楽団、トロント・メンデルスゾーン合唱団 他
(海外EMI 5747332)
あれは去年の夏の事だっただろうか。
 
お客様から電話で、ある曲のおススメ盤のCDを何点か教えてほしい、とオーダーを受けた私は店内の在庫の中から数種類の盤をご案内した。すると、そのお客様は「それらを全て買いたいので、通販で送ってほしい」との事。「へえ、同じ曲のCDを一度に沢山購入されるとは珍しいな」と私は思い、お送り先の住所を伺った。その住所を耳にした時、私は思わずハッとさせられた。
 
それはその年の3月の大地震で甚大な被害を被った岩手・三陸の街のものだったのである。思わず私が、「あ、三陸ですね」と話しかけると、電話の向こうのその方は「そうなんですよ。CDも一杯持ってたんだけど、津波でみ~んな流されちゃってねえ・・。でもまた無性にこの曲が聴きたくなってしまったんですよ~」。その明るく軽い語り口に、かえってその方の受けたであろう大変な災難と、そしてご苦労が察せられ、私は胸が詰まり何とお答えしたら良いのかわからなくなってしまった。そして、そんな極限的な状況下にあってなお、「音楽を聴きたい!」という言葉に、私は本当に共感してしまった。
 
そのお客様がお求めになったのが、ヘンデルの「メサイア」であったのは、何だかとても象徴的だ。ヘンデルの、いや、古今の全てのオラトリオの中でも最高傑作と言えるこの名作は、ヘンデルのキャリアの絶頂期で生み出された・・と、かつて私は信じていた。
 
ところが文献に当たってみると、この曲は「絶頂期」どころか、彼の人生の中でも最も「ドン底」と言ってよい時代の作品だったのである。「メサイア」を作曲する5年ほど前、彼は大病を患い、それに追い打ちをかけるように精魂込めて作曲したオペラが立て続けに大失敗に終わり、精神的にも経済的にもまさに絶体絶命と言えるほどの苦境に陥った。意気消沈していた彼に、台本作家ジェネンズが聖書をもとに書いた台本を渡し、作曲を勧めた。その台本を読んだヘンデルは俄然創作意欲を掻き立てられ、まさに何かに憑りつかれたようにわずか24日間で大作のオラトリオを書き上げたと言う。
 
その作品こそ「メサイア」である。この曲はヘンデルにとってまさに起死回生の大ヒットとなった。実際この曲が無かったら、彼が今日あるような「大作曲家」と呼ばれるポジションを確保出来ていたか疑わしいと思える程である。「もう俺はダメだ」と嘆きたくなる逆境から金字塔を打ち立てた彼の生涯に、私は「復興」というコトバを重ねずにいられない。何度も津波に襲われながら、その度に立ち直ってきた三陸の街。きっとヘンデルのように「ドン底」から這いあがり、かつての賑わいを取り戻す事だろう(ただそのためには国民皆が痛みを分かち合う事も必要とは思うが)。月並みではあるが「メサイア」を心の支えに希望を持って生きて頂きたいと思う。人間、生きていればきっと良い事もありますよ。
 
さて「メサイア」と言えば、最近はすっかり古楽オケによるスリムな演奏が主流になり、今回ご紹介のA・デイヴィスのようなモダン・オケと大合唱による演奏は「大時代的」というレッテルを貼られがちだ。でも私は、例えばガーディナーのようなスリムで歯切れ良い演奏にも大いに惹かれるものの、今でもオールドファッションな大編成スタイルでの演奏に強い愛着がある。バトル、レイミー等の名歌手も共演したこの盤(1986年録音)、全く地味な存在ではあるが中々捨てがたい味があり、私の愛聴盤である。
 
それにしても、どんな厳しい状況下でも音楽を求めるお客様のために、私たち音楽産業に従事するスタッフはもっと精進する事が必要なのだろう。私も頑張りたい。
 
だって、言うではないか。「人はパンのみにて生くる者に非ず」と。

discunion新宿classic 一家に一台 猫丸

猫丸しりいず 第119回

●猫丸しりいず第119回
 
◎ドヴォルザーク:謝肉祭、水の精、チェロ協奏曲
 テデーン(Vc)
 キース・バークルス指揮 マレーシア・フィルハーモニー管弦楽団
(BIS CD1276)
 
◎カール・デイヴィス:バレエ音楽「アラディン」
 カール・デイヴィス指揮 マレーシア・フィルハーモニー管弦楽団
(NAXOS 8557898~9)

 
fb7abdb4.jpeg1fb8e9ed.jpeg

「先進国」と呼ばれる国々にどことなく沈滞ムードが漂う昨今、アジアを中心とする新興国の旺盛な消費意欲が無かったら、今や世界経済は立ち行かなくなりつつある。
 
クラシック音楽産業もその例外では無い。本家本元であった筈の欧米では愛好家の減少と高齢化に歯止めがかからず、ネット配信への移行も急ピッチで、CD等の「パッケージソフト」の市場は衰退の一途のようだ。そんな中、最後の砦と言えるのがアジア市場。
特に中国は、「子供にピアノを習わせる」事がブームになっているとも聞く(ちょうど高度経済成長期の日本を彷彿とさせるではないか)し、クラシック音楽産業の数少ない有望市場。演奏家に関しても、一昔前は「アジア人」「アジア系」というだけで話題になっていたのが、今やアジア人のトップ・アーティストが多数存在という時代になった。
 
そして、これから大きく伸び得る、刮目に値する存在なのがアジアのオーケストラ。中でも要注目のオケを今回はご紹介。
 
東南アジア地区のオケと言えば、シンガポール響と香港フィルが両巨頭であったが、そこに割って入ったのが1998年創立のマレーシア・フィル。私がこのオケを初めて知ったのは、FMで聴いた2001年の来日公演ライヴ。最初「熱帯雨林とイスラムの国」のオーケストラって一体・・・という単なる興味本位で聴き始めたが、メインのラフマニノフの交響曲第2番の素晴らしい演奏に驚嘆させられてしまい、一発でこの楽団のファンになった(終演後の聴衆の喝采の様子からも「驚き」が伝わってきた)。
 
マレーシア・フィルは、国営石油会社ペトロナスの肝煎りで創立され、オーディションで世界中から優秀な奏者を集めた(何とメンバーの出身国は日本を含む30か国近くに及ぶとの事)「隠れスーパー・オケ」。首都クアラルンプールに聳え立つ88階建ての「ペトロナス・ツインタワー」内のオルガンを備えた立派なホールを本拠とし、活発な活動を行なっている。純クラシックからポップスまで様々なコンサートを開催していて、国際的に名の知れた演奏家も多く登場しているが、チケット代は純クラシックのコンサートでも、30~120リンギット(日本円で約800~3500円)と激安!。ペトロナスの財力がバックにあるとは言え、マレーシアの人々に少しでもオーケストラに親しんでもらいたいという心意気が感じられる

 
既にBISを中心に少なくない数のCDを出していて、マルトゥッチの交響曲やリムスキー=コルサコフの管弦楽曲シリーズ等優れたものが多いが、このオケのお手並み拝見の最初の1枚としておススメなのがドヴォルザーク。「謝肉祭」「水の精」は表情がとても活き活きしており、独奏者のみならずオケにとってもかなりの難物である「チェロ協奏曲」もスウェーデンのチェリスト、テデーンの好演もあってなかなかの名演だ。単に「上手い」だけでは無くて、良い意味で「アマチュア的」な懸命さが演奏から伝わって来るのが誠に好ましい。
 
もう一点は、アメリカ出身でイギリスを中心に映像音楽で活躍する作曲家カール・デイヴィス(1936~)の「アラディン」。クリスマス・シーズン用のバレエ曲として書かれたものだそうで、実にカラフルで楽しい作品だ。作曲者自身が指揮したこのアルバム、このオケの能力の高さが存分に味わえるおススメの盤である。
 
このオケを本拠地のクアラルンプールのホールで是非一度聴いてみたい!その機会を虎視(猫視?)眈々と狙っている不肖猫丸である。

diskunion新宿classc サイバー猫丸

猫丸しりいず第118回

●猫丸しりいず第118回
 
◎サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン
メンデルスゾーン:「真夏の夜の夢」~スケルツォ 他
 
ロディオン・アザルヒン(コントラバス)
(露MELODIYA MELCD1000921)
001010.JPG
今回は久々に「爆笑怪演系」の逸品をご紹介。
 
「コントラバス」という楽器は基本的には「縁の下の力持ち」であって、この楽器をあえて「主役」に持ってくる時は、マーラーの交響曲第1番のようにどこかしら「諧謔的」な意味合いを持たせる場合が多いように思う。楽器の特性である「小回りの利かなさ」が図らずもパロディ的な味わいを醸し出してしまうわけだろう。
 
今回の主役アザルヒン(1931~?)は、レニングラード・フィルやソ連国立響等の旧ソ連のトップ・オケで活躍したというロシアの奏者。この盤は1961~1970年にかけて録音された小品集で、レヴィチンのコントラバス・ソナタという珍品以外は全てアザルヒン自身がコントラバスのために編曲したもの。
 
コントラバスの名手のアルバム・・と言うと、多くの方はこの楽器をチェロやヴァイオリンのように軽快に操り、「これがコントラバスか!?」と驚くような妙技を見せる・・・という路線を想像される事だろう。しかし、アザルヒンは違う。彼はこの楽器の「小回りの利かなさ」を全く隠そうともせずに、まさかと思うような作品を料理してみせる。
 
アルバムの最初を飾る「バッハのシャコンヌ」が始まった途端、ほとんどの方は「一体何が始まったんだ」とア然とされる事だろう。野太い音色で、ギシギシと軋むような巨大な音楽は、まるで汗だくの怪物がいきなり乱入してきた如し。そして、3曲目の「真夏の夜の夢」のスケルツォで完全にノックアウトだ。大体、コントラバスという楽器の持ち味の対極にあるような軽快な作品をこの楽器で弾いてしまおう、という根性が最高である(サンサーンスが「動物の謝肉祭」の「象」で、この楽器にベルリオーズの「ファウストの劫罰」の「妖精の踊り」を弾かせた事を連想させる)。この路線の選局としては、もう一曲ロッシーニの「セビリャの理髪師」のフィガロのアリアが入っているが、いずれも独特のギクシ
ャクした進行ぶりに抱腹絶倒。巨大な物体が行く手の全てのものをなぎ倒しながら驀進という趣きだ。
 
「ツィゴイネルワイゼン」に至っては、もう「ヴァイオリンと比べてどうこう」なんて事を言うのがアホらしくなる程の猛演である。この曲がこんなド迫力で鳴り響くとは想像も出来なかった。それにしても、巨大で音程のとりづらいであろうこの楽器をここまで操ったアザルヒンの名人芸、そして偉大なる「芸人根性」にはもう拍手大喝采だ。
 
巨大な音楽、そしてある意味「恥も外聞も無い」偉大な芸人根性・・と言えば、同じロシアの巨匠スヴェトラーノフをつい連想してしまう。「格調高く」は無くとも、ここまで吹っ切れた芸を聴かされるともう痛快と言う他ない。イヤ~、ロシア人恐るべし。
アザルヒンさん、もし1曲だけ貴方にリクエストが出来たとしたら、ぜひクライスラーの「中国の太鼓」をやって頂きたかったですねえ。きっと史上最強の猛演&凄演になったのでは・・・

diskunion新宿classic  疲労困憊猫
 

猫丸しりいず 第117回

サンサーンス:交響曲第3番「オルガン付」
 
セルジュ・コミッショーナ指揮 ボルティモア交響楽団
(国内コロムビア/VANGUARD COCQ84307)

 
d8a56d0a.jpeg
 
ある事をきっかけに、急に日本国内での演奏頻度が急増した名曲がある。
それが今回のテーマ「サンサーンスの3番」。
 
では、その「ある事」とは一体何か。それは1986年の「サントリーホールの開場」である。私と同年代以上のお歳の皆様は重々ご承知とは思うが、これ程にクラシック音楽ファンの多い国でありながら、日本国内には「クラシック音楽専用ホール」が無い、という状態が永らく続いていた。その状態に風穴を開けたのがサントリーホールの開場(その4年前に大阪に「ザ・シンフォニーホール」が出来てはいたものの、首都東京にそういうホールが出来たというインパクトはまさに絶大なものがあったように思う)。ホールそのものに比肩する程の話題を集めたのが、巨大なパイプオルガン。何でも、ホールの設計に関していろいろ助言したカラヤンが、「オルガンの無いコンサートホールなんて家具の無い家
みたいなものだよ」と言った事で急遽設置が決まったものらしく、実に帝王カラヤンの威厳は絶大である。
 
その後、続々とオルガン設置のコンサートホールが出現するようになったが、それに伴い急激に演奏頻度が増したのがこの名曲。何たって演奏効果抜群の上、オルガンが大音量で加わる事でホールのデモンストレーションにもうってつけなのであるから、引っ張りダコになったのも当然だろう。
 
「編成にオルガンの入った交響曲」というのは、マーラーを筆頭に決して珍しい存在では無いが、オルガンが準主役と言っても良い程の重要な役割を負っている交響曲は実に珍しい。
この曲は、ロンドン・フィルハーモニック協会からの依頼で作曲され、1886年に初演されたが、協会は最初からサンサーンスに作曲を委託したのでは無く、なんと彼はグノー、ドリーブ、マスネに続く「第4希望」だったらしい(フランスでは「劇音楽全盛」の時代が長く続いていたので、こういうオペラ・バレエの巨匠と言える作曲家が「指名上位」に来たのも致し方ないのであろうが)。そういう経緯はともかく、作曲家として脂の乗り切った時期のサンサーンスが、「よし、俺のここまでの作曲家人生の集大成と言える大作を作ってやるぜ」と意欲に燃えて創作に取り組んだであろう事は、出来上がった作品の完璧無比ぶりを見れば疑う余地が無い。
 
オルガンを準主役に据えた事は、彼自身が親しんだ楽器だったからという事もあるだろうが、凡人ならば最初からオルガンをガンガン目立たせて「こりゃオルガン協奏曲かよ」みたいな作品に仕立てかねないところを、最大限に効果をあげられる箇所にだけ的確にオルガンを用いている点など、頭脳派サンサーンスの面目躍如である。
 
この曲の名盤は多く、鮮烈そのもののバレンボイム&シカゴ響(DG)や、コーダのシンバルの処理に「さすが!」と驚嘆させるプレートル&ウィーン響(エラート)にも大いに惹かれるのだが、今回はあえて「大穴名盤」のコミッショーナ盤を代表選手とする事とした。
 
コミッショーナ(1928~2005)はルーマニア出身。後半生は渡米してオーケストラ・ビルダーとして名をあげ・・という経歴はアンタル・ドラティを彷彿させる。ルーマニア出の指揮者と言えば、シルヴェストリやチェリビダッケといった「超個性派大変人」が大いに目立つが、コミッショーナは実に堅実で職人的。こういう人は日本で一番人気が出づらいタイプで、それゆえへそ曲がりの小生が一番「萌える」タイプでもある。彼の最大の功績と言えるのが、ボルティモア響を全米屈指の楽団に育て上げた事。このオケはその後ジンマンを指揮者に迎えて一気にメジャーな存在になって行くが、その評価の土台を築いたのがコミッショーナ。そういう意味では、彼はバーミンガム市響におけるルイ・フレモーに似たポ
ジションに居るように思える。
 
このサンサーンスも、実に彼らしい全く奇をてらわない正攻法のアプローチだが、なかなか聴き応えのある演奏に仕上がっていて、この名コンビの貴重な遺産と言える。コミッショーナの盤が日本の市場でほぼ壊滅状態なのは誠に残念!

diskunion 新宿 classic 猫丸wwwwww
 

猫丸しりいず第116回

猫丸しりいず第116回
 
◎フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
 
ローラ・ボべスコ(Vn) ジャック・ジャンティ(P)
(国内PHILIPS PHCP9567/旧規格・廃盤)
 
ed72c97b.jpeg
大学生の頃の思い出。
友達とよく通っていた某食堂。いわゆる「街の洋食屋さん」で、値段も安く、何を食べてもハズレが無い貧乏学生の強い味方の店で、中でも定食の付け合せに出てくる炒めたスパゲティ(ナポリタン)が絶品であった。
 
「このスパゲティを腹一杯喰ってみたいなあ・・」と思っていた私は、ある時意を決して店のオバチャンに「特別にこれだけを一品料理として作ってくれない?」と頼んでみた。するとオバチャンはニヤリと意味深な笑みを浮かべ、「ああ、いいわよ。そういうリクエスト多いからね」と快諾してくれた。
 
念願(笑)の「特注スパゲティ」を完食した私に、オバチャンは「ねえ、どうだった?」と感想を求めてきた。以下、私と食堂のオバチャンの会話。
 
「ウ~ン、美味しかったのは間違い無いんだけど・・・。何かが違うような・・・・。」
 
「一体どこを違うと感じたの?」
 
「ウ~ン・・。何と言うか、あの、定食のお皿の片隅で脇役として控えていた時の、あの『輝き』が無くなっちゃったって言うか・・・。『コイツは主役に立たせてはいけなかった』みたいな違和感がどこかに残るんですよね・・・」
 
「ハッハッハ、そうでしょう。みーんなそう言うんだよね。『引立て役』がどんなに大事かわかった?脇役がキチンと仕事しないと、主役が盛り上がらないのよ。だから私はこのスパゲティとか、キャベツの千切りとかの『脇役』にはゼッタイ手を抜かないようにしてるんだよ。まあ、あなたも卒業してオジサンになるまで働くうちにそういう経験を沢山するわよ。そこでわかるのよね、『脇に徹する事で輝く仕事もあるんだ』って」
 
それから四半世紀を社会人として過ごし、様々な経験を経て、私はあの時のオバチャンの言葉の「真実」を深く噛みしめている。食堂のオバチャン、恐るべし!
 
音楽の世界に目を転ずると、「伴奏」という仕事がまさにそれに当たるだろう。何か「主役の付属品」みたいな印象が付きまとう「伴奏」だけど、これが容易な仕事で無い事は、例えばジェラルド・ムーア、アーウィン・ゲージ等々の「伴奏界の巨匠」と言うべき演奏家がキチンと存在する事実を見ても明白である。そして「伴奏」がほとんど「添え物」では無くて「準主役」とも言うべき重大な任務を負わされている曲も色々ある。中でも目立つのがシューマンの「詩人の恋」と、今回のテーマ「フランクのヴァイオリン・ソナタ」。
 
フランクの最晩年に書かれ、古今のヴァイオリン・ソナタの中でも最高傑作と言えるこの名曲。ピアノが「主役」のヴァイオリンと対等(あるいはそれ以上)に渡り合わなければならない箇所が全曲のあちこちにあり、それ故ピアニストがダメだと全てがブチ壊しになってしまうという、誠に伴奏者にとっては「やり甲斐」があり、同時に「怖い」楽曲である(実際、ピアニストがヴァイオリニストの足を引っ張ってしまっている演奏が少なくない)。
 
この曲の私が最も好きな演奏がボべスコ盤(1981年来日時の埼玉・新座での録音)なのだが、その理由は主役のボべスコ以上に伴奏のジャック・ジャンティのピアノの素晴らしさにある。ジャンティはボべスコと長年コンビを組んだピアニストで、息がピッタリ合っている上、決して必要以上に出しゃばる事無くそれでいて自分の音楽をしっかり主張しているのが好ましい。ボべスコが彼に全幅の信頼を寄せて演奏しているのが、全曲にわたって伝わって来る。正直言うとボべスコのヴァイオリンにはもう少し「キレた」感じも欲しいと思わせる箇所もあるが、伴奏者とのコンビネーションの絶妙さが好ましくて、つい何度でも聴いてしまう演奏である。特に終楽章のコーダの素晴らしさは強く印象に残る。ちなみに他
に印象が強い名演と言えば、ド迫力のオイストラフ&リヒテルや、美音で魅せるグリュミオー&ハイデュ当たりだが、リヒテルのピアノはちょっと必要以上に迫力あり過ぎかな?という感がしないでもない。
 
あの食堂のオバチャンの金言、「脇に徹して輝く」。言うのは簡単だけど、「脇の一流」になる事は、「主役の一流」になる事よりもある意味ずっと難しいのかもしれない。「伴奏」って、実は本当に奥深い、大変な仕事なんだなあ・・・

diskunion 新宿 classic  ローラ・ネコマル
 

Check !!

Entrance




Topics




About


diskunion Link








 



















Calendar

03 2019/04 05
S M T W T F S
2 3
7 9 11
14 15 16 18
22 23 24 25 26 27
28 29 30

Search

カウンター

Copyright © diskunion Shinjuku Classic-Kan All Rights Reserved