★猫丸しりいず第130回

●猫丸しりいず第130回
 
◎マーラー:交響曲第2番「復活」
 
 山田一雄指揮 京都市交響楽団 京都市立芸術大学音楽学部合唱団 他
 (国内タワーレコード/ビクター NCS593~4)
ae8fa8b0.jpeg
 「5分間」という時間を皆様はどうお感じか?
 
無論「どのような状況下における5分間か」によって感じ方は大きく異なるだろうから、簡単に言い切る事は出来ないのだろうが、私の実感としては5分間は「意外に長い」という印象である。
 
例えば列車を乗り換える際に「乗り換え時間は5分」と言われると、非常にタイトな印象を受けてしまうのだが、実際には東京駅のような超巨大な駅でない限り、5分間有れば悠然と乗り換える事が出来る(もちろんスケジュール通り列車が運行されていればの話だが)。実際私も息せき切って乗り換え列車に乗車したら、まだ発車まで3分もあり、しかもその3分が結構長い・・・という経験を一度ならずしてきた。
 
そう言えば、今や「国際食」となったカップ麺に関しても、熱湯を入れてから食べられるまでの時間設定に関しては、技術的には「5分」にも「10分」にも出来るそうだが、セッカチな日本人には「5分」は長すぎる・・という事で、現在一般的になっている「3分間」になったのだ、という話をどこかで聞いた事もある(事実、他のアジア諸国では「4分間」とか「5分間」というパターンも存在する)。「5分間待つ」という事は、結構辛抱が必要な事柄らしい。
 
マーラーの交響曲第2番。「復活」という愛称でポピュラーなこの曲には、第1楽章の終了後に「最低5分間の休憩をとるように」というマーラー自身の指示がある。この指示にマーラーが込めた真意が何だったのかを私は知らない。渾身の演奏を20分以上要求される第1楽章を演奏した後、さらに1時間も演奏しなければならない大曲なので、「ここで長めの休憩を入れないとオケの連中がヘトヘトになっちゃうよな・・」というマーラーの「現場的&実用的指示」なのか、あるいは「第2楽章以降は別の曲と思って、新たな気持ちで取り組んで欲しい」という「芸術的観点から生じた指示」なのか・・・。
その辺はともかく、「作曲者の指示は絶対」という立場に立つならば、このマーラーの指示は墨守されるべき・・なのだろうが、実際のところはどうなのだろうか。
 
私はこの曲の公演に数回接する機会があったのだが、その際の印象を総合すると、このマーラーの指示は「意識はされているが、実態的には無視されている」という感じである。なぜかと言えば、前述のようにやはり5分間という時間は長すぎるからであろう。実際、ほとんどの指揮者はそんな指示など知りませんぞと言わんばかりに、ごく普通のタイミングで第2楽章に入っていった。そんな中で明らかに「5分間」を意識してるなコリャと思わせたのが若杉弘。私は何回も若杉さんのステージに接して、その度にこの名指揮者の「独自のこだわり」に大いに感服していたので、その時は明らかに「長めの休憩」を意識していると思われる彼に向かって「ガンバレ若杉! 休め!5分間!」と心の中で叫び続けたのだが(
大バカですね)、残念ながら5分もたずに撃沈(笑)。この時の休憩は実質2分間足らずだったのだが、それでも相当に長く感じられたのは事実。
 
この「5分間」に関しては、この間に合唱と独唱者を入場させて時間稼ぎ(笑)したり、あるいは「休憩用」の椅子をわざわざ指揮台の傍に用意させ、そこに指揮者がドッカリ座って休んだり・・・等々、いろんな現象が報告されている。ただ、私自身としては、作曲者の考えは尊重すべしとは思うものの、あまりにその「指示」に拘泥しずぎる事はかえって滑稽な結果を招くのでは・・というのが率直な感想だ。生前のマーラーは売れっ子指揮者であったので、彼の具体的且つ細かすぎる指示は「演奏の現場」から生まれたものではあるのだろうが、マーラーが指揮者として活躍した当時と現代では、オーケストラの技術も、聴衆や演奏家の「時間感覚」も全く同じではない筈だ。私は、頑張って5分間の休憩をとる
(妙な言い回しだが・・)より、第1楽章の余韻がまだ残っているうちに自然な形で第2楽章に入ってもらった方が、いろんな雑念、邪念が入らず素直に感動出来るのだけど、皆様(特にマーラー好きの方)はどのようにお感じですか?
 
さて、今や山ほど録音がある「復活」の録音ではあるが、自分にとってやはり外せないのはヤマカズ先生のライヴ盤。この「猫丸」の第84回で既に採り上げた通り、私の音楽人生に決定的な影響を及ぼしたのが山田一雄。 まだマーラーの作品が全く一般的でなかった時代から彼の作品を積極的に演奏し、この「2番」や「8番」の日本初演を行なったのがヤマカズさん。この盤は1981年のライヴだが、まさに渾身の名演奏。もっと技術的に上手い、優れた録音の盤はいくらでもあるけれど、演奏者たちの「魂の燃焼」がこんなにも伝わってくる演奏を私は他に知らない。聴き終わってまさに「5分間」は何もする気が起きない程の凄演。ご一聴をおススメしたい。

 
 

Entrance







Classical Broadcasting for YouTube



Topics





About


 

diskunion Link








 

















Calendar

05 2017/06 07
S M T W T F S
10
21
27 29 30

Search

カウンター

Copyright © diskunion Shinjuku Classic-Kan All Rights Reserved