★猫丸しりいず第135回

●猫丸しりいず第135回
 
◎ヴィラロボス:ショーロ第2、3、10、12番他
 ジョン・ネシリング指揮 サンパウロ交響楽団
(BIS CD1520)
 
◎ヴィラロボス:ショーロ第11番
 ゴトーニ(P)  サカリ・オラモ指揮 フィンランド放送交響楽団
(フィンランド/オンディーヌ ODE916-2)
3621d61b.jpegfcad03c5.jpeg
 前回のミヨーに続く「超個性派3大巨匠」の第2号。それはアナタです!!
ブラジルの巨人、エイトール・ヴィラロボス(1887~1959)。
 
この人は凄い。音楽自体に比類の無い個性が溢れているのはもちろんだが、これ程までに「形式」に捕らわれずに自由奔放に作品を書きまくった大作曲家というのも、空前にして恐らく絶後じゃないだろうか。彼の代表作である全9曲の「ブラジル風バッハ」にしても、大オーケストラのための作品から、ソプラノとチェロ合奏、フルートとファゴット等々それぞれがてんでバラバラな形態で、そこには「揃える」なんて意識はハナから無いようだ。しかも、そんな「バラバラ」な各曲が、それぞれにブラジルの民俗音楽をバッハ風に変奏させたり、対位法的に処理したり・・というコンセプトにおいてはキチンと一貫しているのには本当に感心してしまう。
 
その「奔放」加減を更に全開にさせたのが「ショーロ」。「ショーロ」とはセレナードの事らしいが、クラシックギターの名曲として有名な5分程の小品「第1番」から、ピアノと大オーケストラのための1時間以上かかる大作「第11番」まで、規模も編成も全くバラバラな作品を「連作」として書いてしまうところがこの人の真骨頂。オマケにその1曲1曲があまりにユニークすぎである。
 
例えば、男声合唱と管楽アンサンブルのための「第3番」。「ピカ・パウ(きつつき)」という副題がついているが、この奇想天外な音楽の魅力を文章で綴るのは少なくとも私の能力では困難なので、興味のある方は是非ご一聴を・・・。一度聴いたら忘れられないブッ飛び傑作です。お次は「愛情の破れ」という何だかディープな副題のついた「第10番」。混声合唱とオーケストラのための作品。咆哮するオケと合唱が実に「高温多湿な熱帯雨林」っぽい大音響を奏でる。あまりの暑苦しさがかえって快感を呼び起こす大怪作(モーツァルトあたりの音楽と比べると、体感温度の差は30℃はあると思われる)。ピアノを交えた大管弦楽が、「起承転結」なんて考えてませんとばかりに1時間以上も果てる事なくブラジル
っぽい音楽を奏で続ける「第11番」も実にこの人らしい。
 
この「ショーロ」にはこのところ優れた録音が増えてきた。リーパー指揮のグラン・カナリア・フィルのASV盤も名盤だが、作曲者のお膝元ブラジルのオケを起用したBIS盤が現状№1か。このネシリング&サンパウロ響のコンビは、お国もの以外にもベートーヴェンの交響曲等で予想外の名演を聴かせ、マニアの話題をさらっていたのだが、ネシリングの辞任によって後が続かなかったのは誠に残念。それにしても、優れたオケがあれば東南アジアでもアフリカでも南米でも乗り込んで行くBISの積極姿勢は誠にアッパレ。一方、アマゾンの密林とは対極と思える北欧の指揮者、オケにより最もディープな「11番」の名演盤が生み出されたのも実に愉快。この盤、ジャケも最高。ヴィラロボスの入門盤として知られる名盤、
カポロンゴ指揮パリ管の「ブラジル風バッハ」(EMI)を彷彿させる「鳥ジャケ」の傑作である。
 
さて次回は「超個性派巨匠」の真打ち、3人目。まさに誰にもマネの出来ないヘンテコな傑作を多数遺した東欧の作曲家・・・と言えば、また誰だかバレてしまったような・・・・・

 

Entrance







Classical Broadcasting for YouTube



Topics






About


 

diskunion Link








 

















Calendar

09 2017/10 11
S M T W T F S
2 4
9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
24 25 26 27 28
29 30 31

Search

カウンター

Copyright © diskunion Shinjuku Classic-Kan All Rights Reserved