★猫丸しりいず第140回

●猫丸しりいず第140回

◎レスピーギ:風変わりな店、ブラジルの印象、ローマの松

 アルチェオ・ガリエラ指揮 フィルハーモニア管弦楽団
(英MEDICI ARTS MM022-2  ※EMI音源)

ba57c5ab.jpeg

 クラシック音楽に長年親しまれているリスナーの方は「ガリエラ」という名前の指揮者の演奏に必ずや接した事があるのではないか。しかし、それはあくまでも「協奏曲の伴奏指揮者」として・・・。ガリエラとはどういう指揮者なのか、と問われて即答出来る方は相当なマニアであろう。今回は「皆が知っているけど、一体誰なのかは誰も?知らない」という、まるで「月光仮面のおぢさん」的な名指揮者、アルチェオ・ガリエラ(1910~1996)がテーマ。

この人はEMIやPHILIPS等のレーベルに、1950~60年代を中心に大量の録音を遺している。しかし、今日でも親しまれている録音と言えば、リパッティ、アラウ、オイストラフ、シュナーベル、ヘブラー等々の大物ソリストと共演した協奏曲の音源か、マリア・カラスの「セビリャの理髪師」位なもの。私はグリュミオーと共演したベートーヴェンの協奏曲を長年愛聴していて、「こんな素晴らしい演奏をする指揮者なのに、彼が主役の録音は無いのだろうか」とずっと疑問に感じていた。

その疑問を払拭するかのように登場したのが、今回ご紹介の盤。EMI音源をライセンス使用したもの。1955~1959年にかけての録音である。謎に包まれていたこの指揮者のプロフィールが、この盤のライナーによって(自分には)初めて明らかになった。彼はミラノに音楽家の息子として生まれ、若くして頭角を現し、1941年に指揮者デビュー。第2次大戦で辛酸をなめるも、戦後の1945年のルツェルン音楽祭で大成功をおさめ、その後の活躍ぶりがEMIコロムビアのプロデューサーのレッグの目にとまり、フィルハーモニア管と多くの録音を行なう・・という中々輝かしい経歴の持ち主である。

実際、彼は今回ご紹介のレスピーギの作品集の他にも、「ロメオとジュリエット(チャイコフスキー)」「死と変容」「カルメン組曲」「ダフニスとクロエ第2組曲」等々の録音をフィルハーモニア管と遺しており、颯爽とした「ロメオ」を筆頭に、この人の有能ぶりを実感させる名演が多い。しかし、長寿を全うしたにもかかわらず、不思議な事に1970年代に入るとガリエラは音楽界の表舞台に立つ事も録音もパッタリと無くなり、今や「伴奏指揮者」としてのみ記憶されているという可哀想な存在となってしまった。

この盤、私がレスピーギの作品の中で最も好きな「風変わりな店」がメインになっているのが実に嬉しい。あのディアギレフのロシア・バレエ団のために書かれた作品で、先輩ロッシーニの「老いの過ち」を素材にした楽曲だ(「パリの喜び」と同様の発想の接続曲なので、レスピーギの「作品」という表現は誤解を招くかもしれないが)。重厚な響きのものが多いレスピーギの作品の中では、珍しく軽快でカラッと乾いた趣きの「風変わりな店」。この曲にガリエラの歯切れよく爽快な表現はとても相性が良く、楽しく聴ける。「ローマの松」も余計なハッタリが無く、アッサリとした表現ながら物足りなさは無く、後味爽やかな好演だ。

あまり出しゃばらず、スッキリとしていながら物足りなさが無い・・というガリエラの持ち味が、彼を大物ソリストたちの共演指揮者として重宝がられる存在としたのだろう。それにしても1970年代以降の彼のキャリアの途絶ぶりは謎の一言。彼が主役の録音がモノラルからステレオへの移行期に集中している事も災いしてか、この名指揮者の真価を堪能出来る機会が全く失われてしまっているのは残念だ。「新世界交響曲」やベートーヴェン、ボロディン、モーツァルトの交響曲等の録音も遺しているようだが、今や全く「幻の音源」と化してしまっている。是非これらを集大成してCD化し、この名匠の再評価に繋げてもらいたいのだが・・ 実現は望み薄か?・・・

 

Entrance







Classical Broadcasting for YouTube



Topics





About


 

diskunion Link








 

















Calendar

07 2017/08 09
S M T W T F S
1
12
13 15
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Search

カウンター

Copyright © diskunion Shinjuku Classic-Kan All Rights Reserved