新着中古書籍のご案内 10/9(火)

新着中古書籍のご案内 10/9(火)

『レッグ&シュヴァルツコップ回想録~レコードうら・おもて』
エリーザベト・シュヴァルツコップ(著)
河村錠一郎(訳)
音楽之友社1986年(原書1982年)


EMIの名プロデューサーだったウォルター・レッグ(1906~1979)は晩年回想録の執筆を計画していましたが残念ながら完成できずに心臓疾患で亡くなりました。本書は夫人の大歌手シュヴァルツコップがレッグ自身による回想録の準備稿や折に触れて「まだ書いていない自伝の1ページ」として書き溜めてきたカラス、カラヤン、クレンペラーなどのエピソードを纏めた上で彼女の文章も加えて編集したいわば夫婦合作の回想録です。カラヤンが序文を寄せています。
数々の大音楽家と長い時間を共にしたレッグだけあって語られるエピソードはどれも面白く興味深いものばかりです。レッグの簡潔にして鋭いユーモアを交えた筆致も冴えています。もっとも実際にレッグが目論んでいた(?)回想録はもっと辛辣な内容だったと言われています。仮にレッグ自身が書き上げていたら・・・そんなことを想像しながら読むのも楽しいかもしれません。

109_1.jpg


『美神との饗宴の森で』
辻邦生(著)
新潮社1993年

『背教者ユリアヌス』『西行花伝』など創造性あふれる歴史小説で知られた文筆家の辻邦生(1925~1999)が音楽や絵画などについて綴った文章を纏めた一冊。作家ならではの洞察力を感じさせる文章は読み応え十分です。前半はマーラー、グールド、カザルスなど音楽中心、後半はセザンヌ、マティス、シャガールといった絵画について記しています。

109_2.jpg

Check !!

Entrance







Topics




About


 

diskunion Link








 

















Calendar

01 2018/02 03
S M T W T F S
4 5 6 7 8
11 12 14 15 16 17
18 21 22 24
25 27 28

Search

カウンター

Copyright © diskunion Shinjuku Classic-Kan All Rights Reserved