★猫丸しりいず第144回

★猫丸しりいず第144回
 
◎オネゲル:ラグビー
 
 ジャン・フルネ指揮 オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団
(国内DENON COCO70425/ジャケット写真)
 
◎ミヨー:ニューヨークのフランス人
 
 アーサー・フィードラー指揮 ボストン・ポップス管弦楽団
(国内TOWERRECORDS/BMG TWCL2017 *廃盤)

 
902f740d.jpeg
クラシックを聴き始めの頃、実に強い印象を受けた曲がオネゲルの「ラグビー」。
曲自体の面白さもさることながら、「スポーツを素材にしたクラシックの作品がある」という事実が、当時の自分にはとても新鮮だった。
 
「スポーツもの」の曲と言えば、ドビュッシーの「遊戯」(テニス)、マルティヌーの「ハーフタイム」(サッカー)等々が頭に浮かぶ。ショスタコーヴィッチは審判の資格を持っている程のサッカー好きであったようだが、私の知る限りサッカーがネタの曲を遺している形跡が無いのは残念。
 
「スポーツもの」が近代以降の作曲家の作品ばかりになっているのは必然であって、サッカー、ラグビー、テニス等が今日のような「競技」「興行」としての形を確立したのは19世紀後半以降の事。今日親しまれている「スポーツ」は(その起源は古くとも)意外にも歴史は浅いのだ。
 
高校生の時、クラシック好きの友人宅で、ラグビーの試合のビデオとオネゲルの「ラグビー」を同時に流してみるという実験を試みた事があるのだが(つくづくヒマ人だ)、そのギクシャクした角張った音楽が実に映像とピッタリフィットしていて驚かされた。同時に「サッカー」のビデオでも同じ実験を試みたが、こちらはかなり違和感があった。この曲はラグビーそのものを「描写」したものとは言えないのだが、それでいてラグビーの独特の「動き」をうまく捉えているのはオネゲル先生、サスガである。ご紹介のフルネ盤は選曲、演奏、録音、価格の4拍子揃ったおススメの一枚。
 
さて、その後私を更に驚かせたのは、アメリカや東アジアでは大きな人気を誇るが世界的には「マイナー」と言って良いスポーツ、「野球」をネタにした曲をヨーロッパの作曲家が遺していた事である。それが「ニューヨークのフランス人」。「パリのアメリカ人」をひっくり返した冗談のようなこの曲、1963年のガーシュウィン生誕65周年にRCAビクターがミヨーに委嘱して生まれた作品。こういう作品を依頼するところは実にアメリカっぽいし、それを引き受けるのも実にミヨーらしい。
 
この珍作はニューヨークの様々な情景を素材にした6曲から成る組曲なのだが、結びの6曲目が「ヤンキー・スタジアムの野球」という曲なのである。曲頭のオーケストラの咆哮はスタジアムに響く「ワーッ」という観客の歓声の描写だろう。その後はガッチリしたフーガ風の音楽となり、このユニークな組曲を壮麗に締めくくっている。まあ、この曲から「野球」をイメージできるかは聴き手次第という感じではあるが・・・。私は結構「イケてる」んじゃないかと思うけど。
この曲がタワーレコードの企画盤でまさかのCD化をされた時は狂喜乱舞したものだったが、残念ながら現在は廃盤の模様。作品誕生の経緯が経緯だけに、新録音は望めないのか? だとしたら残念な気がするが・・・
 

 

 

 

Check !!

Entrance







Topics





About


 

diskunion Link








 

















Calendar

11 2017/12 01
S M T W T F S
2
4 5
13
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Search

カウンター

Copyright © diskunion Shinjuku Classic-Kan All Rights Reserved