新宿/店舗案内/CD・レコードの販売・買取/ディスクユニオン新宿クラシック館

GEISHA★GIRLS

☆猫丸しりいず第18回

ジョーンズ:喜歌劇「芸者」  
ロナルド・コープ指揮 ニュー・ロンドン管弦楽団 
ワトソン(S)他 (英HELIOS CDH55245)
1c7cd403.jpeg













サンサーンス:歌劇「黄色の姫君」
フランシス・トラヴィス指揮 スイス・イタリア管弦楽団  他
(英CHANDOS CHAN9837)    
086491ae.jpeg












第16回の「ミカド」に続く「日本モノ」のご紹介。  

先ずは、イギリスの作曲家ジョーンズ(1861~1946)のオペレッタ「芸者」。

「ザ・ゲイシャ」という、あまりに直球なタイトル。

登場人物は、芸者のミモザさんにイギリス水兵フェアファックス、
茶屋の主人ウン・ヒ氏(なぜか中国人)、
ミモザさんの恋人のサムライのキャプテン・カタナ等々。
そして、開幕の合唱は、なんと「ハッピー・ジャパン!」・・・・・・・  

とにかくこの曲、全方面にわたって怪しさ炸裂で、
聴く前から期待(不安?)に胸が高鳴ってしまう。

早速聴いてみると・・・・  

曲の基調は「ミカド」風で、前半は「案外普通だな」と油断させる。

しかし、トラック12のアリアと合唱「チョン・キナ」で、
最初の強烈パンチを見舞われる。
 
「チョンキナ、チョンキナ、チョンチョンキナキナ、ナーガサキ、ヨコハマ、ハコダテ、 ホイ♪」

な、なんヂゃコリャ! 

しかも最後に「キリギリス、ホイ♪」とダメを押される。

意味不明の謎のニホン語攻撃に、思わず脱力させられる。
その後も「謎のニホンゴ攻撃」は容赦なく連打される。

「オハヨー! オハヨー!」

「恋は(鯉は?)瀬に住む。鳥は木にとまる。人は情けの影に」
(実際には全てローマ字なので、この表記はあくまで私の推測) 

「オテントウ・スマ(様?)」・・・   

最後には、反撃の気力も失せる。  

とにかく少しでも多く「ニッポン的要素」を盛り込もうという、
奮闘努力は伝わってくるのだが、脈絡の無い「ニッポン的素材」が
全然未消化のままで曲にブチ込まれてしまったため、
結果、日本人の聴き手には「突ッ込ミどころ満載」の怪作になってしまった・・

という印象の作品である。
(「東南アジアの怪しい日本語看板 」みたいな感じ)  

ただ、同年代の「ミカド」同様、屈託の無い楽しい作品である事もまた事実で、
当時は「ミカド」に劣らぬ大ヒットを飛ばした作品だったようだ。
最近も東京、名古屋等で上演されているとの事。

是非「ナマ」で見てみたいぞ、この曲。
 
「ミカド」がツボにハマッた貴殿、
迷わず「ゲイシャ」に突っ走れ!

お次は「黄色の姫君(王女)」。これまた凄いタイトル・・・

それにしても、大御所サンサーンスまで「ニッポン物」に手を染めていたとは、
寡聞にして知らなかった。この曲も、一部を除けば「普通」の曲なのだが、
その「一部」がこれまたカン違い炸裂である。

特に序曲。  

サンサーンス大先生、この序曲全然「ニッポン」じゃありません。

「中国」ですよ。こりゃ。  

まあ、当時のヨーロッパ人にとって、
日本が「極東のワケのわからない島国」にすぎなかった事は
想像に難くないのではあるが、それにしても、
もう少し「取材」していただいてもヨロシカッタのでは・・・

しかし冷静に考えると、日本人もまるで文化の異なる
イギリス、フランス、ドイツ等の国々を、
同じ「ヨーロッパ」という括りで捉えてしまっている人が大多数であろうし、
あまり人様の事を批判する資格は無いのかも・・・
 
「相互理解」の道は険しい。

それではまた次回・・・・

diskunion新宿classic テツ猫丸

Check !!

▲クリックで拡大します

●ディスクユニオン新宿クラシック館
所在地:〒160-0022 東京都新宿区新宿3-17-7 紀伊國屋ビル8F
電話番号:03-5367-9531
E-mail:ds12_classic@diskunion.co.jp

●新宿クラシック買取センター
買取センター電話番号(買取専用・フリーダイヤル):0120-159-578
※携帯電話からは03-5367-9531へ
E-mail:ds_cl_buy@diskunion.co.jp

Entrance




Topics



About


diskunion Link








 



















Calendar

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 5 6 8
9 10 11 12 13 15
17 18 19 20 22
23 25 27 28 29

Search

カウンター

Copyright © diskunion Shinjuku Classic-Kan All Rights Reserved