●猫丸しりいず第121回

●猫丸しりいず第121回
 
◎ピストン:不思議な笛吹き
◎カーペンター:乳母車の冒険
 
ハワード・ハンソン指揮 イーストマン・ロチェスター管弦楽団
(米MERCURY 4756274/5枚組)
f4b6729d.jpeg
中高生の頃、貪るように読んだのが音楽之友社の「名曲解説全集」。インターネットなる文明の利器が無かった当時、クラシック音楽に関する情報源はレコード屋か書籍しか無かったので、図書室にあったこの「全集」にどれだけお世話になったかわからない。
 
ただ、この「全集」に掲載されている楽曲の選定に関しては、当時から自分には大きな「謎」があった。確かに全体の8割以上はまさに納得できる「名曲」が載っているのだが、
「なぜこんな曲が出ているのか」と不思議に思うような曲目が少なからず採り上げられているのである。当時から珍品好きだった私は、それらの「謎の曲たち」に大きな関心があったのだが、探してもレコードも無いような曲ばかりで、ただ「聴いてみたい・・」というフラストレーションばかりが溜まっていったものであった。
 
そんな「聴きたかった名曲」の筆頭だったのが、今回ご紹介のアメリカ産ほのぼの系名作の2曲。両曲とも、その「素朴」なタイトルに心惹かれたのである。
「不思議な笛吹き」の原題は「The Incredible Flutist 」。incredibleという単語は中々「これだ!」と言える日本語訳が難しいので「不思議な」というのは無難な線か。教育者としても著名なピストン(1894-1976)が、アーサー・フィードラーとボストン・ポップスのために書いたのが、サーカスの一座が主役の描写的で楽しいこの作品。カラッと乾いた明快な響きがいかにもこの作曲家らしい。
 
そして、一聴たちまち「これは傑作!」と驚嘆させられたのが「乳母車の冒険」。別に擬人化された乳母車が冒険するわけではなく、乳母車に乗った赤ん坊の視点から見た外界の風景の描写、という実にユニークなスタイルの作品である(ちなみに原題はAdventures in a Perambulator)。カーペンター(1876~1951)はアイヴズと同世代の人だが、保険会社を興したアイヴズと同様、父親の創立した会社(製粉、機械等の商社だったらしい)の副社長が「本業」というこれまたユニークな人。
 
この曲は、乳母車に乗った「僕」が、警官に会い、手回しオルガンから流れる音楽を耳にし、湖を眺め、はたまた犬の群れに吠えられ・・と様々な「冒険」をして家に帰り、疲れて眠りに落ちていくというストーリー。パリッとしたストレートな響きと描写が楽しい「不思議な笛吹き」と対照的に、この曲は実にしっとりとした美しく落ち着いた響きで、描写も「直球」では無く、いかにも赤ん坊の視点という「フィルター」がかかったように書かれており、思わず「上手いなあ」と唸らされる。その柔和な温かさは、今日のアメリカからは失われてしまったように思える「古き良き豊かなアメリカ」を想像させる。
 
それにしても、今日でも決して「メジャー」とは言えないこれら「隠れ名作」が何故「名曲解説全集」に採り上げられたのだろう。この「全集」が初めて世に出たのは1959年。あくまでも私の想像にすぎないが、戦後の日本に進駐してきた米軍向けの放送(FEN/現AFN)から怒涛の如くジャズやカントリー・ミュージックが日本になだれ込んで来たように、アメリカ産クラシック音楽も、かつては今よりもポピュラーな存在だったのだろうか?さて、今でも録音の数に恵まれているとは言い難いこの2曲。ステレオ初期の名盤、ハンソン指揮のマーキュリー盤が今でもナンバー1だろう。作曲家としても著名なハンソンとイーストマン・ロチェスター管の名コンビは、この2曲の他アメリカの作曲家達の名曲、珍曲を多数録音
している。ステレオ最初期とは思えない鮮烈な録音で根強い人気のマーキュリーの音源は、どれも「おカネと手間を惜しまず作った」という感じに溢れていて、「ガソリンがぶ飲み」の大型車に象徴される余裕と自信に満ち溢れた当時のアメリカの様子が伝わってくるようだ。「春の陽だまり」の中でボーッと楽しむにふさわしいこの2曲、是非ご賞味の程を・・・
 

Entrance







Classical Broadcasting for YouTube



Topics





About


 

diskunion Link








 

















Calendar

07 2017/08 09
S M T W T F S
1
12
15
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Search

カウンター

Copyright © diskunion Shinjuku Classic-Kan All Rights Reserved